2013年9月10日PM7時04分更新

糖質制限で食欲が減るって本当?


食欲

本当です。見事に食欲は収まります。というよりも自然な食欲になります。この点は糖質制限がカロリー制限方法よりも優れている点だと思います。理由は以下。

何故、糖質制限で食欲が抑えられるか。それは血糖変動が極めて少ない食事になるからです。

血糖変動でなぜ食欲が起きるのか?

結論から言うと食欲は血糖の減少から引き起こされます。血糖はからだのエネルギーです。枯渇すると大変なことになります。その為、血糖値が下がってくると体はエネルギーを補給する必要を感じるのです。そのサインの一つが食欲となります。

食事由来のたんぱく質、脂質、炭水化物の場合、唯一炭水化物のみ(正確に言うと糖質)が血糖を上昇させます。血糖があがるとインスリンが出て血糖を下げますが、血糖の上がり方が激しいほど、インスリンの量も増え、急激に血糖値を下降させることとなります。

炭水化物を多く摂った食事だと、食後数時間後に上記の働きによって血糖値が思ったより下がってしまう可能性があります。(病的な場合、機能性低血糖といわれる場合がある)その結果、体は血糖が枯渇し始めていると感じ、食欲を出します。さっき食べたのにもうお腹が減っている…、と感じたことはありませんか?つまり炭水化物中心の食事だと食べても食べても食欲が沸く可能性があるのです。炭水化物を制限しないカロリー制限が辛いのは、血糖値の上下動によって無限に発生する食欲を我慢しなければならない点に尽きると思います。

グラフ

糖質制限の場合、食事での血糖変動はほとんどありません。その為、急激に血糖値が上下動することもなく、一定に近い状態を保ちます。その為予期しない食欲が起きにくいのです。もちろん食欲がなくなる訳ではありません。糖質制限の場合でも食欲は起きますが、それは生命活動や一日の体の動きで自然に血糖が下がった場合によります。これは自然な食欲であり、我慢する必要のない食欲です。

炭水化物を食べない野菜だけのダイエットでも強い食欲がでるが?

サラダしか食べないなど、炭水化物を摂らない著しいカロリー制限の場合でも強い食欲が沸く場合がありますが、それは単純にエネルギー不足な為です。人間は少なくとも一日に1000kcal程度のエネルギーが必要となります。野菜だけなど極端なカロリー制限をすると、まったくエネルギーが足らなくなるため、飢餓の反応として強い食欲が起きる場合があります。

糖質制限で糖を摂らない場合、血糖も補給されないから低血糖になって食欲がでるのではないか?

糖質制限では肉や魚などたんぱく質を多く摂ります。たんぱく質は食べた時には血糖変動を起こしませんが、消化後に血糖の材料となります。糖新生という体の機能があり、糖を生み出すことができるのです。食事からまったく糖を摂らない場合でも糖新生によって最低限の糖を確保できるため、血糖を維持できるのです。

食欲の仕組みは極めて複雑で体のみならず、精神的な側面も関係してきます。その為必ずしも血糖変動だけが食欲の原因ではありません。しかしながら、大きな要因の一つであることは間違いありません。血糖コントロールがダイエットを成功させる鍵になるのです。