バイクの積載についての法律

スポンサーリンク
バイク

バイクに荷物を積む際、法律的な制限があることはご存じですか?キャンプを伴うツーリングや、長期間のロングツーリングでは荷物も増えますよね。積載に関しての注意点や、道交法の運用状況などに関してまとめてみました。

スポンサーリンク

積載の制限に関して

バイクの積載に関して該当するのは道交法の第二十二条(自動車の乗車又は積載の制限)です。

まあ法律条文はめちゃくちゃ読みにくいので直接確認しても結構「?」になります。まとめると以下のような制限になります。

  • 積載物の長さは乗車装置または積載装置の+30㎝以内(左右それぞれ+15㎝以内)
  • 積載物がはみ出していいのは乗車装置または積載装置の縦30㎝、横それぞれ15㎝以内まで
  • 積載物の高さは地面から2m以内
  • 積載物の重さは60kgまで(原付は30kgまで)

積載物、乗車装置、積載装置という言い方ちょっとわかりにくいですが、積載物は荷物、乗車装置はシートやステップ、積載装置はキャリアなど荷物を載せる装置のことです。

実際の法律の運用

制限を見てもらえればわかりますが、幅に関してはやや制限が強いものの、長さ、重さ、高さは実際そこまで積むことないだろうなという感じの制限です。一般的に販売されているバイク用のバッやボックスを使ってしっかり荷物を積んでいる限り、実際に検挙される可能性はほとんどないと思われます。

北海道ツーリングなどでは、めちゃくちゃ荷物を積み込んでいるバイクもよくいます。おそらく厳密に計測すれば、違反対象になるバイクも相当数いると思いますが、実際に検挙されたという話はおそらく聞かないと思います。自分もネットで調べてみましたが、「バイク積載違反で検挙された」という事例は探せませんでした(安全装置などが隠れているので警察に止められた程度の事例はありました)

法律上の制限は設定されているものの「常識的な範囲内での運用してね」ということだと思います。

積載装置とは?

サイドバック、パニアケース、リアボックスなど積載物ではなく、積載装置として解釈されるのが一般的のようなので、「パニアケースめっちゃはみだしてるやんけ!」という心配はしなくていいです。

注意点としては、溶接などで直ちに取り外せない状態での取付は構造変更に該当するとのことで構造変更手続きが必要になる可能性があります

シートバックなどベルトで留めるタイプのバッグが積載物なのか積載装置なのかは解釈が分かれる場合があるようです。というのも積載装置や積載物に関しては、素材や構造の指定がないため、木製や布製はたまたゴムや段ボールでも積載装置として解釈できなくもないという状態です。

また、パニアケースが積載装置だと解釈できるのであれば、パニアケースから15cmはみ出していいということになるので、パニアケースを付けていない場合よりも幅に余裕を持たせられる解釈などもできなくありません。

このあたりの解釈は実際に裁判などで判断されない限り、わからないというのが実情だと思います。自分も厳密にはどうなの?と知りたくなってしまうのですが、過度に厳密さを追求するのは不毛なので、現実的な法律の運用状況に一旦納得した方がいいかもしれません。

捕まるのはどういう場合?

バイクの積載違反を目視で確認して、数字的な根拠をもって検挙できる警察官はおそらくいないと思います。警察も根拠なしに車やバイクを停めることはできません。そのため、いきなりパトカーや白バイに積載違反で止められるケースはないのではないかと思います。

トラックなどの過積載取り締まりのための検問のように、最初に止められてから積載のサイズを計られるというケースも考えられるかもしれませんが、実際バイクに対してそういった検問が行われているという情報は探せませんでした。

検挙されるケースはサイズ、重量的な制限によるものではなく、止める根拠がはっきりしている場合や危険や事故に関わる場合になると思います。

積載物でウインカーやナンバーが隠れている場合、これは根拠を明確に指摘できるので、実際に検挙される可能性があります。

明らかに常軌を逸した高さや横幅、荷物が傾いたりして荷崩れしそうな状態、コードやベルトが外れかけいる状態など、放置していると事故に発展しかねない場合は検挙されるかどうか別として、止められる可能性は高いと思われます。

落下物が発生して、他の車両や人に被害が及んだ際には、過失を問われることになり該当する法律での罰則が発生すると思われます。

しっかり荷物を積むのが大事

もちろん法律を遵守するのは大切なことですが、サイズや重量に制限があるものの、常識的な範囲内(市販のバッグ、ボックスなどを使って)で積載している限り、検挙される可能性はほとんどないと思います。

結局、法律も事故を未然に防ぐことが目的で制定されているものですから、厳密な解釈を探るよりも、荷崩れしないかどうか、落下物が発生しないかどうか、灯火類やナンバーを遮ってないかを重点的にチェックした方が、警察に止められる可能性も減らせますし、事故を未然に防げると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました